4,000名の人文字

前日からこの日のためにテント設営、ステージ設営など会場設営はもちろんのこと今回のメインイベントの一つである人文字をスムーズに進めるための下書きを芝生の上に書き、準備をしています。

朝、万博記念公園が開場となると同時に参加者の皆さんが続々と集まっていただきます。
職場の仲間とふざけあったり、冗談をいいあったりしながらにこやかに集まる若い人たち。
それから、久しぶりにお父さんと一緒に遊べる、しかもお父さんの会社のイベントで楽しめる、ということもあって、嬉しそうなちびっ子づれのファミリーも続々とあつまってきます。

ここで通常であれば、開会式の時間が近づくと、司会者から招集のご案内をいれさせていただき、本部前、ステージ前に”チームごと”に集合いただき、開会式が始まります。

が、今回集まっていただくのは、ステージ前はステージ前ですが、並ぶ順番が先ほど写真のあった、前日から下絵を書いていた、人文字の中。
並んでいる皆さんは、ご自分ではなんと書かれている文字に並んでいるのかがあまりわからないまま並んで頂いていて、出来上がってのお楽しみ状態。

それでも、皆さん、辛抱強く並んでいただき、開会の時間が来るまで待って頂いています。

ようやく、準備が整い、開会式のスタート!

「皆さ〜ん、おはようございま〜す!!」と!

爽やかに、MCの伊丹章氏と庄田佳那さんのお二人が登場!!

社長様、役員様のご挨拶が進行しています。
その間に、大阪舞洲にあるヘリポートからカメラマンを乗せたヘリが離陸します。

そして、丁度ご挨拶が終わられた頃、上空にヘリが出現!!

司会の伊丹さんの進行に合わせて、参加者の皆さんは手を降ったり、顔の横に手のひらを持って行ったり、写真映えするポーズでのヘリに向かってポーズを決めて行きました。

「WE ARE NISSAN OSAKA」

という文字が完成です!!

次に、行われたのがギネス世界記録に挑戦!!

こちらは、以前にもしつこいくらいに掲載していますので、割愛させていただきます。
詳しくはこちらで!!

周年イベントで「ギネス世界記録」に挑戦していただいた(前半)

2015.05.29


全員参加のウルトラクイズ

ギネス世界記録に挑戦していただいた後は豪華景品の当たるウルトラクイズ!!

ウルトラクイズは日頃行っている社内運動会でも、老若男女問わずだれでもが参加できる運動会競技の一つとして実施していただく競技の一つです。

皆さん、豪華景品が当たるということで表情は笑顔ながら目は真剣です。

途中、大人にはわからない「妖怪ウォッチ」に関するマニアな問題が出題されたり日産車と忌野清志郎さんとの関係する問題が出題されたり、バラエティーに富んだ問題構成で皆さんを惑わせました。


キャラクターショー:仮面ライダードライブ

そして、続いては子供たちおまちかねのキャラクタショー
言わずと知れた人気キャラクターの登場です。

この、キャラクターショー、安くはありませんが、集客力は抜群なので様々な企業様の社内運動会のお昼休みのアトラクションとしてご提案させていただくことが多いです。

ショーの後は、子供たちとの記念撮影会も催され、沢山のちびっ子の笑顔を見ることができました。


社内運動会といえば綱引き!!

子供たちの笑顔の後は、大人のアトラクション。
こちらの会社様の運動会では10チーム(営業所エリア別)にわかれての綱引きが恒例となっています。

チーム一丸となりてパワーを集結して戦いに臨みます。

やっぱり、綱引きは盛り上がる人気運動会競技です。

勝てば、ハイタッチ!!

このシーン、私は大好きです。
優勝したチームの皆さん、オメデトウございました!!


その他アトラクションなどなど

などなど、盛り沢山のイベントが行われたフェスティバルですが、それ以外にも子供たちが飽きないサブイベントも沢山用意されていました。
まずは、ふわふわ

そして、女の子に大人気だった
「ミサンガ作り体験」

それから、それから
「スーパーボール作り体験」
スーパーボールすくいは縁日ではよく見るアトラクションですが、今回はそのスーパーボールを自分で作ってしまおう!というイベントでした。

どのコーナーも1日中子供たちが集まってくれて、楽しい時間をすごしてもらえたようです。


このイベントを1ヶ月でつくり上げるパワー

ということで、まとめに入らせていただきます。
今回、お世話になった日産大阪様、このイベントをほぼ1ヶ月で準備されてしまうのです。
当然、我々も大変ではあるのですがそれよりも大変なのは主催者の日産大阪様の方。

特に、運営は労働組合様が大きく関わって頂いているのでそちらの負担がかなりあったと思います。

社長の熱い思いが皆さんに通じてそれがパワーとなり、準備していく段階から社内が1つになっていっているのが、近くで携わらせていただき、ものすごく感じました。

こんなパワーのある会社がこれから益々伸びていくんだろうな〜と改めて感じた社内イベントでした。


まとめ

最後に、日産大阪様は昔は社内運動会を実施頂いていたのですが、規模がどんどん大きくなりすぎて運動会の運営が大変になってきたので、ここ数年、フェスティバル的なイベントに社内運動会の要素を取り入れて企画、運営をされています。

完全に運動会という事に抵抗のある会社様も時折お話を聞きます。
社内イベントを計画する際に、まずは日産大阪様の様に、運動会の要素も含めた企画をされて皆さんのコミュニケーションを高めるイベントも一つの方法だと思います。


運動会まとめ
  • 主 催 日産大阪販売会社株式会社 様
  • 日 程 2015年
  • 会 場 万博記念公園
  • 規 模 4,000名(組合員とそのご家族)
  • 目 的
    ・130近い店舗や部署を一堂に集まってもらい、日頃出来ない他部署とのコミュニケーションをはかる。
    ・会社から従業員、ご家族への日頃の感謝
    ・会社再編後、5周年を記念する、従業員の記憶に残るイベント作り。
    ・従業員、家族か一体となり、さらなる飛躍へのキッカケ作り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です