【調査してみた】会社から表彰されたことを教えてください!

すでに社員の表彰を行っている企業もあるようですが、実際に表彰される方はどんな風に感じているのでしょうか?

アンケート調査を実施したところ、会社から表彰を受けたことのある方は73%、ない方は27%という結果になりました。全体として見ると、表彰されたことのある方は少数派です。また、業務上で重要な役割を担っていても、目立ちにくい仕事ほど表彰されづらいという問題もあります。

こちらでは、企業で行われる表彰についてお伝えします。表彰制度の企画を検討されているご担当者様は、ぜひ参考にしてみてください。

Q1:会社から表彰を受けたことはありますか?

会社から表彰を受けた経験についてのアンケートの結果では、すでに表彰されたことのある方が27%、まだ表彰されたことのない方が73%であることが分かりました。表彰の経験がない方のほうが、7割近くにのぼることが明らかになっています。

表彰される理由は、勤続年数・成績・技能といったようにさまざまです。中には、業務外での人命救助やスポーツで優秀な成績を上げるといった、職務には直接関係しない表彰もあります。

表彰されることで、社員のモチベーションアップや愛社精神の向上が期待できます。従業員のやる気や帰属意識を高めたいときは、表彰制度を取り入れてみてはいかがでしょうか。

表彰を受けた理由

営業成績が支店内で1位だったので表彰をされました。
(三重県・35歳・女性)

blockquote一ヶ月間の契約件数が最も多かった時に表彰された。
(秋田県・46歳・女性)

blockquote全国の本支店の中で第1位の売上を記録しました。
(北海道・48歳・男性)

表彰を受けた理由で多かったのは、「成績が良かった」というものです。支店内で1位の成績を取ったり、高い売上を記録したりと、優れた結果を残した方が多くいらっしゃいました。高い成績を収めたときに表彰されると、モチベーションが上がり、今後も頑張ろうと考える方が多くなります。また、表彰があることで競争心が生まれ、従業員全体の活性化も期待できます。

表彰者の気持ち

長年の苦労が報われてとても嬉しくて泣いてしまいました。
(徳島県・36歳・女性)

選んでいただいたことに感謝と嬉しい思いがしました。改めて今後も頑張ろうと思いました。
(東京都・37歳・女性)

入社時はこんなに長く勤められるとは感じなかったので大変嬉しかったです。
(福岡県・男性・51歳)

表彰されたときは、非常に喜ぶ方が多いようです。中には感動で泣いてしまったという方もいらっしゃいます。比較的冷静に受け止めているケースもありましたが、ネガティブな感想は見受けられませんでした。表彰されることで、従業員は努力が評価されたと実感できます。今後も頑張ろうと考える方や、より気を引き締めようと考える方が多くいらっしゃいました。

表彰者の気持ち

贈答品はどんなもの?

金一封と有名な高級グラスをもらいました。
(三重県・35歳・女性)

現金とクリスタルトロフィーをいただきました。
(東京都・37歳・女性)

JCBギフト券などの商品券や某ブランドの筆記用具等。
(広島県・33歳・女性)

アンケートに答えていただいた方の贈答品は、金一封・高級グラス・クリスタルトロフィー・商品券・筆記用具といったように、記念品や金券が大半を占めていました。特に、商品券や金一封といった、受賞者が自由に使い道を選べる贈答品が多いようです。また、記念に残しておけるトロフィーや、会社のオリジナルアイテムを贈ることもあります。

こんな贈答品や表彰理由も面白い!

贈答品

皆勤賞や、資格取得時の表彰など。誰でも可能性のあるものだとモチベーションが上がるかもしれないので。
(兵庫県・25歳・女性)

マニュアルの改善や作業効率化のアイデアで優良な事案を選出し、表彰する。
(宮崎県・31歳・女性)

イベントを企画することが多いので、その企画の成功度合いに応じて表彰などがあると励みになります。
(福岡県・31歳・女性)

表彰理由

品は人によっては不要となるので、寸志やギフトカード・カタログなど自分で選べるものがいいです。
(神奈川県・40歳・女性)

昇給や休み制度があればいいと思う。お金や休みは欲しいという心理はモチベーションになる。
(大阪府・28歳・女性)

上限の金額を定めて本人が品物を選べるようにすれば良いと思います。
(東京都・51歳・男性)

ほかにどのような表彰理由や贈答品があったら、社員のモチベーションを高められるのでしょうか? 一般的に、表彰は優秀な成績を収めたときに行われます。しかし、これでは表彰される方が限られてしまうため、皆勤や資格取得といった多くの社員にチャンスのある表彰にニーズがありました。一方で、贈答品はギフトカードやカタログといった、社員が使い道を自由に選べる品物が人気です。昇給や休暇など、品物ではない贈答品が欲しいという回答もありました。

まとめ

すでに会社から表彰されたことがある方は、今回のアンケートに回答した方のうち、たったの27%でした。表彰された経験のある方は、「会社から認めてもらえて嬉しかった」と回答しています。今後も頑張ろうと気を引き締めた方もいらっしゃるようです。表彰は、社員のモチベーションアップや、愛社精神の向上につながります。しかし、全体を見ると、まだ表彰されたことがない方のほうが多数派です。

贈答品で人気があったのは、商品券や現金といった、自分で使いみちを選べるギフトです。品物は好みが分かれるため、人によってはあまり喜ばれない可能性があります。実際に、多くの会社では商品券・金一封・ギフト券といった贈答品が採用されているようです。

表彰に対する意見には、皆勤賞や資格取得に対する表彰といったように、誰でもチャンスのある項目にニーズがありました。また、イベントの成功度合いのような数字で測れないことを表彰するアイデアもあります。より多くの従業員のやる気アップを促したい場合は、タイプの異なる表彰を取り入れてみてはいかがでしょうか。バウンスクリエイティブでは「みんながヒーロー」をコンセプトにしており、表彰されたことがない方にも喜ばれる企画の提案が可能です!

表彰を行うことで、社員は努力が認められたと感じ、モチベーションアップにつながります。会社を活気づけたい場合は、ぜひ表彰制度を取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です